Q&A

>

ビザとは?

ビザとは、権限のある当該国の機関が外国籍を有する者に対して発行する入国許可のことを意味します。

>

日本におけるロシアビザを発給する機関とは?

在日ロシア連邦大使館(東京)は、ビザ発給権限が付与されたロシア政府機関です。

>

ロシアビザの要否について知りたいのですが。

日本国籍者がロシアへ渡航する場合、ロシアビザが必要です。日本以外の国籍を有する方は、ビザナビゲーターを使い、ビザの要否、ビザの種類、必要な書類についてご確認ください。

>

ロシアビザを取得したら、ロシア以外の国へ入国できますか?

ロシアビザに基いて入国できるのは、ロシア連邦のみです。

>

ロシアビザセンターでは、ビザ申請書を作成していただけますか?

ロシアビザセンターでは、申請書作成サービスを提供いたします(有料サービス)。但し、ビザ申請に必要なその他書類はお客様自身でご用意いただきます。

>

ビザ申請方法について教えてください。

お手続きは以下の通りです。

ステップ 1:

最初に、渡航目的を特定してください。当社はビザ申請の各段階においてお客様をサポートさせていただきますが、渡航目的についてお客様の代わりに決めることができません。当社のビザナビゲーターを使い、渡航目的に該当するビザの種類および申請に必要な書類をご確認ください。

ステップ 2:

「ビザの種類」というメニューカテゴリーでビザの種類及び必要な書類について確認してください。

ステップ 3:

記入マニュアルをよくお読みいただき、専用サイトhttps://visa.kdmid.ru/で申請書を作成してください。

ステップ 4:

 事前予約 ページでご都合の良い日時を選択してください。出発日まで十分余裕を持って申請することをお勧めします。申請日数については、該当するビザの種類のページ(料金と必要な日数)でご確認いただけます。

ステップ5:

申請書を印刷し、他の書類と合わせて東京のビザセンターにご持参ください。全ての必要な書類を提出すると同時に、申請するビザの種類に該当するビザ発給料金と代行料金をお支払いただきます。

また、当社はとても便利な 郵送による提出サービスを提供いたします。是非ご利用ください。

ステップ6:

審査後、パスポートをビザセンターで受け取ってください。書類の提出時に渡された受領証の原本をご提示ください。経費清算などに受領証の控えをご利用ください。

また、とても便利な宅配便による パスポートの受取サービス のご利用をお勧めします。

ステップ 7:

パスポートを受け取ってからすぐにビザの有効期限、エントリー数、ビザの種類をご確認ください。

>

ビザ申請書の審査期間について教えてください。

書類がロシア大使館により受領された日から受取日までの期間は、通常の場合4~10営業日、緊急の場合3営業日です。遅延を防ぐために、書類を全てご用意ください。ロシア大使館は必要に応じて審査期間を30日間まで延長できます。

>

出発予定日の何日前から申請できますか。

ロシアビザの申請は、出発予定日の6ヶ月前からできます。

>

ビザセンターは、ビザの審査結果に影響を及ぼしますか。

ビザセンターの従業員は、ビザの審査結果を左右する権限を持っていません。当センターが行う業務は、あくまでも申請手続きに関わるものであり、申請の結果を変えたり、審査期間を短縮したりすることができません。

>

ビザの審査結果が出るまで、ロシア渡航に関連する予約を確定しても大丈夫ですか?

当社は、ビザの審査結果が出るまで予約の確定をお勧めしません(予約の確定がビザ発給の必須条件である場合を除く)。当センターは、ビザ申請書の審査期間の延長または却下によって発生した損失に対して一切責任を負いません。

>

郵送による書類の提出が可能ですか?申請書を直接ロシア大使館宛に送付できますか?

申請書は直接ロシア大使館への送付ができませんが、郵送によるビザセンターへの書類提出が可能です。 郵送による申請というオプションサービスを利用し、申請書・パスポート・その他必要な書類を送ってください。

>

写真の規格について知りたいのですが。

当センターのホームページにある写真の規格をご覧ください。お客様の写真が規格に適合しない場合、ビザセンターで写真の撮影が可能です(オプションサービス)。

>

電子申請書を作成しました。保存したかどうか確認したいのですが。

電子申請書を作成する前に専用サイトhttps://visa.kdmid.ru/で登録を行ってください。システムで作成された申請書の番号とパスワードをお控えください。次回アクセス時に作成された全ての申請書が表示されます

>

電子申請書の作成を行う際に、旅券タイプを選択しなければなりません。外交・公用・一般旅券の中、どれを選んだらいいですか。

外交旅券は、国の用務で渡航する場合に発給される旅券です。公用旅券は、国の用務のために海外に渡航する人(及びその家族)に対し特別に発給される旅券です。一般旅券は、個人目的で海外に渡航する一般人に対し発給される旅券であり、所有者の身分及び国籍を証明する書類です。

>

印刷してから申請書の変更は可能ですか。

変更できます。リンクをクリックし、申請書番号を入力し、「申請書を引き戻す」ボタンをクリックしてください。表示される画面で必要な情報を入力します。氏名の最初の5文字を入力する際、頭文字で入力しなければなりません。入力完了後、「新しい申請書を作成する」ボタンをクリックし、次に表示される画面で「次へ」をクリックします。「新しい申請書を作成する」ボタンをクリックしても、既存の申請書が上書きされません。既存の申請書も変更・追加できます。

>

入力途中の申請書を引き戻すには、どうしたらいいですか?

リンクをクリックし、申請書番号を入力し、「申請書を引き戻す」ボタンをクリックしてください。表示される画面で必要な情報を入力します。氏名の最初の5文字を入力する際、頭文字で入力しなければなりません。入力完了後、「新しい申請書を作成する」ボタンをクリックし、次に表示される画面で「次へ」をクリックします。「新しい申請書を作成する」ボタンをクリックしても、既存の申請書が上書きされません。既存の申請書も変更・追加できます。

>

申請書に電子署名を使ってもいいですか?

電子署名はご利用いただけません。ボールペンを使って自筆で氏名を書いてください。

>

料金の支払はオンラインでできますか。

ビザ発給料金と代行料金はビザセンターでお支払いただきます。郵送による申請サービス(オプションサービス)をご利用の場合、当社は書類が到着次第、お客様に対してメールでご請求書を送信します。

>

ビザ申請を行うには、事前予約が必要ですか。

ロシアビザセンターでの申請手続きは、事前予約を基に行われます。

>

ビザの種類に該当する必要な書類リストと料金についてはどこで確認できますか。

「ビザの種類」をクリックすると、ビザの種類一覧が表示されます。ご希望の種類をクリックすると、料金・必要な書類・審査期間・写真の規格についてご確認いただけます。こちらの情報をよく読んだ上で申請してください。

>

未成年者に代わって申請書を作成しました。申請書の署名は誰がしますか?

未成年(16歳未満)のお子様が申請者である場合、保護者またはその他法定代理人の署名が必要です。上記者の署名がない申請書は、提出できません。

>

ビザを申請する際に、書類の原本を提出しなければなりませんか。

申請者は次の書類の原本を提出します:パスポート、写真付き・署名済のビザ申請書。他の書類はコピーで提出可能です。但し、ビザの種類を特定するのに必要な書類の提出が求められた場合、該当する書類の原本を提出してください。原則として、パスポートを除く提出書類は返却されません。場合によって、ロシア大使館は書類一式を受領した後、原本を要請できます。

>

ビザセンターの休日について教えてください。

ロシアビザセンターの休日は、土日および日本の祝日です。

>

ビザセンター内での書類提出流れについて教えてください。

ビザセンターにお越しになったお客様は、当センターのスタッフからお名前を尋ねられ、パスポートと予約チケットの提示を求められます。

受付時間になるまで、待合室で待っていただきます。その間に、必要な書類がすべて揃っていることを確認してください。書類や写真に不備がある場合、審査期間が延長される可能性があります。

受付カウンターのスタッフは書類が要件を満たしているかどうかを確認し、申請書を受理し、支払手続きを行い、領収書を発行します。ビザの受取日の目安についてもお伝えします。但し、正確な受取日についてお伝えできません。

審査後にパスポートがビザセンターに返却されたらSMS通知サービス(オプションサービス)を使用して連絡を受け取ることをお勧めします。

>

料金について教えてください。

ビザ申請書1件につき、ビザの種類に該当する発給料金及び当センターの代行料金をお支払いただきます。全ての料金は、現金またはクレジットカードで日本円でお支払いただきます。

該当するビザの種類の「料金と必要な日数」を参照してください。

>

電子申請書を作成してからどうしたらいいですか。

システムにより自動的に作成された申請書の番号とパスワードをお控えください。それらは、申請書の再印刷や修正を行うのに必要です。

>

書類の提出またはパスポートの受取は、申請者本人以外の人でもできますか。

申請者ご本人または代理人(委任状が必要です)ができます。また、郵送による申請サービス(オプションサービス)のご利用をお勧めします。

>

ビザの取得が保証できますか?

ロシアビザセンターはビザ取得を保証できません。ビザ取得または却下に関する決定はロシア大使館が行います。ロシアビザセンターは、審査の結果にいかなる影響も及ぼすことはできません。

>

過去にロシアビザを取得したことがある場合でも、新しいビザを申請する際に全ての書類を提出する必要がありますか。

はい。ロシアビザを申請するたびに、一部の書類を前回提出したとしても、全ての書類を提出する必要があります。

>

新しいビザを申請する時点で有効なロシアビザを持っている場合、同時に2つのビザを持つことができますか?

できません。新しいビザを申請する時点で有効なロシアビザを持っているお客様は、このビザが貼られたパスポートを当センターに提出し、ロシア大使館は前回のビザの取り消しを行います。